災害に備えてペットと一緒に防災訓練


災害に備えてペットと一緒に防災訓練

人と犬・猫の防災

地震、火事、水害など災害はいつ起きるか分かりません。
皆さんの記憶に残る雲仙普賢岳噴火では火砕流、土石流により多くのペットが死亡、阪神淡路大震災では約4
,300頭の犬と約5,000匹の猫が被災しました。
ペットも家族の一員です。同じ過ち、同じ悲しみを繰り返してはいけないのが災害から得る教訓です。
都道府県の防災計画には災害の発生に伴う動物の適正な飼養及び保管は、その所有者または占有者が行うべきであるが、県、市、町及び県民は協力して動物の保護及び危害防止に努める。
とあります。
皆さんも堂々と「連れて行きます。」と答えましょう。

冊子「人と犬・猫の防災」ダウンロードはこちらから